草津温泉! 二日目

草津二日目!

天気にも恵まれて、さわやかな朝。

kimg4261

ちなみに、この素敵なロッジに泊めさせていただきました♪

ありがとうございましたっ。

dscn8274

美味しいコーヒーを飲んでいると~

kimg4259

モーニング!

朝食もさわやか~♪

美味しい朝食にお腹を満たされたところで出発!

 

二日目一発目は、西の河原露天風呂!

ここへは、近くの無料駐車場に車を止めて、木々に囲まれた遊歩道を下って行きました。

ただ、ずっと砂利&段差もあるので車いすには優しくありません(^^;)

しかし、頼もしいサポートがあれば、どこへも行けるのです!

kimg4265

到着!

ってあれ?また一人増えてる(笑)

通称うえっぴぃさん。

別府温泉では、時々湯サポに駆けつけてくれるのですが、今回は別府から車でやってきました。しかも全部下道(笑)

そんなうえっぴぃさんを含めた5人で入った西の河原露天風呂!

中の様子は撮影禁止のため画像はありませんが、池のように広い!とにかく広い!

周りの山も、紅葉が始まりつつある景色で綺麗でしたが、もう少ししたら絶景だったと思います。

ここのお湯は万代鉱源泉のようで、硫黄臭はあまりありませんが、やはり酸性なので目に入るとしみます(笑)

つるつるというかぬるぬる感のあるお湯でした♪

 

お風呂を出てから、来た道とは違う方に下っていくと

kimg4266kimg4268

西の河原公園が広がっており、湧き出るお湯が流れる河原になっておりました。

河原沿いに石畳の坂になっているので、ここは車いすでもわりと行けますっ。

というか、来るときにこちら側から上がれば、砂利&段差の道を通らずで行けたのかもしれません(^^;)

 

西の河原を後にして、これからは移動しますよー!

dscn8290

長野に(笑)

ここは群馬県と長野県の県境。

標高なんと2172メートル!

ここを越えて長野県に入り、目指すは熊の湯!

この辺りから、風邪気味の私はしんどくなりだして、標高も高いことから余計息苦しかった(>_<)

 

ちなみに、長野県へはうえっぴぃさんも一緒でした✩

しかし、予定があるとのことでお別れし、熊の湯はご一緒できませんでした(>_<)

kimg4296

無事到着!

kimg4290kimg4292

お湯がなんとグリーン!

バス〇リンでも入っているのかと思うくらいグリーン!

しかも、湯の花も舞っていて、なんとも珍しいお湯でしたっ。

kimg4294

ちなみに、ホテル入口には昇降機も完備していました!

このあとは、食事を含めた寄り道して

kimg4302

絶景の一枚!

 

さあ、ここからまた草津に戻ります!

しかし、ちょいとトラブルがあって、時間をロスしてしまいました(>_<)

暗くなりつつある中、回り道して群馬県の六合(くに)地区へ。

尻焼温泉というのがあるということで目指しますが、日が暮れて真っ暗すぎて断念。

途中の花敷温泉も寄ってみましたが、立ち寄り湯はしておらず断念。

隣にある共同湯を伺ってみると

kimg4305

なかなか怖い(笑)

「地区住民 当温泉組合関係者以外 入浴絶対禁止」

おそらくこう書いてあるのでしょう。

ここは、有無も言わさず断念。

 

諦めて戻る道中。

情報としては持っていたが場所がよくわからなかった温泉に、見事辿り付きました!

69576

京塚温泉!

お豆腐屋さんで鍵を借りて入る形になっています。

遅い時間でしたが、了承していただいて入浴できました!ありがとうございます!

kimg4324dscn8301

開放的な露天風呂!

kimg4309dscn8326kimg4326

50名入浴できるそうです!

砂利の上にすのことベンチを置いただけの脱衣所ですが、それがいい!

露天の奥には、川が流れているのかせせらぎが聞こえます♪

真っ暗で見えませんでしたが(^^;)

趣がある作りで、お湯もドバドバ注がれていてとてもいい湯でした♪

 

それから草津の湯畑へ向けて車を走らせ、湯畑の手前で

dscn8330

巽の湯!(たつみのゆ)

dscn8328kimg4329

ここも共同湯で、草津の共同湯は清掃時間以外は基本的に24時間入れて無料ですっ。

素敵ですねぇ♪

無色透明で熱めのお湯は、湯畑源泉のようです。

 

そのあとは湯畑へ行き

kimg4336dscn8333

地蔵の湯!

浴槽が木製で優しい♪

地蔵源泉のお湯は、硫黄の香りもあり、温度もわりと適温でした。

正直、この辺りは体調悪くなってきててあんまり覚えていません(笑)

dscn8363dscn8367

入浴は夜でしたが、こちらの写真は朝に撮影したもの。

2006年4月に建て替えられたそうで、綺麗な造りです。

地蔵の湯の横?には地蔵尊と地蔵源泉があります。

ここ、地蔵の湯が二日目の締めの一湯になりました!

 

次は三日目、いよいよ草津最終日!